読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day 5 "Plan B"

今回は多分ほとんどの人が興味無いだろうネタを。

今のヤングスケーターから見たら既におっさんレベル。

先日NLMで開催したTAIKANのロンチイベントをディレクションした荒木大輔氏が持って来た、それはそれは私の青春時代の学校の教科書よりも人生の教科書だった "Plan B" のVHS。

f:id:hynm_masaki_hanawa:20160927232954j:plain

これは確か1997年にリリースされた4作目のビデオ。

こいつもかなりのものなんですが、やっぱり1992年のPlan Bの1stビデオ、"Qustionable" はまさにはバイブル。

もうここまでくると僕と同世代か、スケートカルチャー好きの人しか意味不明なので読んでても面白く無いですよね、そんな方は今回はスルーしていただいても構いません。

暇な人はリンクの映像を見て欲しいのですが、ロックやらヒップホップをBGMに選んでいるスケーターばかりなのに、"RODNEY MULLEN" だけBGMがLOUIS ARMSTRONGの『What A Wonderful World』。

 

まるで踊っているかのようなスケートスタイルは美しかった。

もう24年も前のことなんだ、部活そっちのけで西武線の線路脇でぶっ飛んでた15歳。

スケーターに嫉妬した革ジャン着た『チーマー』とやりあってた15歳。

でもバイクを盗んで走り出してはいないです。

僕の場合、スケボーに関しては24年前から時間が止まってます、あまりにも濃い何年間かを捧げていたので。

15歳の頃になけなしのお金を握りしめて所沢のプロラインに買いに行ったPlan BのTシャツ。

今でも防虫剤入りの衣装ケースに大切に保管してます。

30歳を過ぎてからアキレス腱断裂、靭帯損傷など足首はおじいさんレベルになってしまったので、今はもう気合だけでは滑れないのかな。

 

watts

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com